2018年08月18日

解釈が!言ノ葉の木 三部 について

太宰治 「葉桜と魔笛」

これは8月26日のイベント  言ノ葉の木

一部 与謝野晶子

二部 宮澤賢治

三部 太宰治

F7B9F3AE-B068-44F9-8663-42E0961C5DA8.jpg

の中の、三部の演目でございます。

【おかげさまで、昼の部の前売り券は完売となり、200名のお席全てに、お客様がおいでになるということで、心持ちは、感謝とプレッシャーでいっぱいございます】


7855D060-D165-4157-9E20-58894F38E84D.jpg


朗読も音楽も仕上げ段階!

きっと、、、きっと、私だけでなく

各演者のみなさま

試行錯誤 を繰り返していらっしゃることと思います

朗読担当の私もいろいろ考えてはみるものの‥‥はぁ‥

‥‥

さて

日頃 朗読サロン、朗読教室などで


その人の朗読は、その人の解釈で、その物語を、そ人の感性に沿って、その人のいちばんその人らしい声で



読んでください!!


と生意気に言っています。


自分のことを棚に上げて!!!!!!ほんま偉そうに!よーゆうわ


ですよ、本当に(すみませんー)


みなさんも、一度は苦しい思いをされて、自分がしっくりくる読み方を見つけられるところを、何度もお見受けしております。


苦しい思い‥‥


みなさん、いつもこんなに苦しい思いをして


朗読、生んでらしたのですね!


と、つくづく感心しながら、やはり苦しい毎日を送っている、、、ワタクシでございます。


前置きが長くなりすみません。


この 葉桜と魔笛 という作品を7人で表現するにあたり、

脚本担当の平田さんは

いろいろ考えに考えたすえ、今回のための、脚色を考えられました。


演者は、やはりその意図に寄り添いたい一心で、

曲を改めたり、読みかたを考えたり、稽古を重ねております。


演者である、七條(7人だからのグループ名、しちじょう と読みます)の目指す表現の仕方は、

物語の色合い

登場人物の感情

情景

を音楽で表すということ。


朗読はもちろんそれに合わさないといけない(合わすということは、感情を入れすぎて抑揚をつけすぎてもいけない、淡々すぎてもいけない)

つまり 解釈はみんな同じでないといけない。


?!


のか?!



というと

これが、そうでもなく

結局


それぞれの解釈が相まって、仕上がってきているように思えます。

そしてそれが、おしまい、

ひとつの大きなテーマ、「不思議さ」 へのゴールに近づいているのか、、、

と感じています。

はてさて、表題の 「解釈が!」なのですが

この作品の解釈は、人それぞれとはいえ、ワタクシ、どうしてこんなにひねくれているのか、、、笑


笑!  とか、笑えるものではなくて


なんでそうとるの?

もしや 辻 、、極悪非道、、、

というくらい、

むやみに憎悪を感じたり

姉に傲慢さを感じすぎたり、妹に意地悪さを感じすぎたり

愛情か、、、


姉妹の愛だ?そんなの計り知れないさ



とか



それなりに苦しみました。(そんな大層なことではないのですよ、ほんと、それなりに、、です)


子供の頃からそういうところがあって、

というのは、国語の授業は好きでしたが、

国語の問題の答えがみんなと違う、、、ということがよくありました。

私がこう思うんだから、反対だろう、、と予測して答えることもあったり。


そうか、これが        普通      ??


なのか。


まさに、今回その状態になりました。

しかし、落ち着きました。


みなさんと解釈を共有していくうちに、というのはもちろんありますが


なんども声に出すうちに、解釈とは違う何かが芽生え、


結局は言葉そのもの力に助けられるのです。


こう書いてあるのだから、そのまま読めば良い

そう思えたときに、

解釈を合わす ということも
こう読まなければいけない ということも

上手いとか下手くそとか ということも


忘れて読める。




のかも!?



あくまでも、「かも?!」

ですが


かも、を、発見したということで落ち着きました。

一応

自分の持つ頭、限りある思考ではありますが、あれこれ考えたからでしょうね

8月26日 言ノ葉の木

この日は

書いてあることを、そのまま読む 朗読を

ご披露できたら、と思っています。


仕上がり具合は順調です。

おこしくださる皆さまは、

聞く耳が長けてらっしゃる方が多いことと存じます。



どうかよろしくお願いいたします。(何を、、、?笑)

posted by 栞 at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

どんぐりと山猫 リレー朗読ワークショップ 1回目終了!

8月26日のイベント 言ノ葉の木 
2F0DE03C-3D9F-4BEF-BBCC-C87FB00910CD.jpg


おはなしの栞 しろうさぎの風朗読教室 朗読と音楽の調べ*七條  の共催で企て

それぞれ役割分担がありながらも心は一つ 

自分の持ち場以外のことが実は楽しみでもあります。

公演二時間の構成は 

↓↓↓
1部 与謝野晶子の世界

2部 宮沢賢治の世界
3部 太宰治の世界


↓↓↓
1部 京ことばで楽しむ

2部 いろんな声の色で楽しむ
3部 音楽で影響されることを楽しむ

という感じでお聴きください^^
昼の部のチケットの売れ行きも好調です^^(夜はぼちぼち^^)



さて!!
今日は 2部の
どんぐりと山猫のリレー朗読について。

9F3E06EF-94A9-4C4C-9B82-E94FFDD7051F.jpeg



先日行いましたリレー朗読ワークショップ、お暑い中たくさんお越しくださいまして
本当にありがとうございました。

15名の方が参加してくださいました。(そのうち、小学1年生がおふたり、5年生がおひとり、親子共演も!)

1、まずはみんなで発声練習
  (初対面の方もおいでになりました、まずはみんなで声をひとつに^^リラックス〜)
 
2、そのあと、ひとまずリレー朗読をやってみて
  (とりあえずやってみよう!!という感じで。とまどいながらも・・・みなさん真摯にことば・朗読に向き合ってくださってる  
   ことが、この時点で、ビンビン伝わってきて興奮!)

3、2つのグループに分かれてワークショップ
  (おうみのしろうさぎ先生担当 と つじの担当 に分かれていただきました。
   ワークショップでは、ご自身のパートの場面を想像したり、いろんな読み方があることを
   知っていただいたり、また、紙芝居であらすじを確認したり^^
   みなさんの、受け持ちパートの言葉たちが、どんどん立体化していくのを感じました!)
  
4、そして仕上げにまたリレー朗読!
  (みなさん、ググッと!!読みに力強さが増して、楽しんで声を出していらっしゃり、また興奮!!!)

13時〜16時 初めてなのでどのような形になるかと思っていたのですが、みなさんのおかげさまで、
とっても有意義な時間となりました。ありがとうございました!!


5、みなさん!!!上手! 私共も一緒にリレー朗読練習参加できたのも、実はめちゃくちゃ楽しかったです!


このような1日でした。 


次回は8月4日 13時〜16時 この間の時間にいつ来ていただいてもいいですよーとお伝えしていましたが
先日の盛り上がり具合を思うと、13時〜来ていただくほうが良いかもしれません。(とはいえ、ご都合に合わせてくださいね)

場所は京都テルサ東館2階 ワーキングルームです。

水分と塩分、糖分をチャージできる、ささやかなお菓子をご用意してお待ちしています!
お暑い中でございますが、お気を付けてお越しくださいませ^^

951A61B2-2B47-4707-8B0B-C52315C50C20.jpeg

posted by 栞 at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

京都文化博物館の響きとの融合

す来たる8月26日は

2F0DE03C-3D9F-4BEF-BBCC-C87FB00910CD.jpg

こちらのイベント!

まだまだチケットございます。

三部構成の朗読と音楽の調べ

場所は、京都文化博物館

先日マイクチェックなど打ち合わせに行きました

改めて、音の響きがよい建物だと体感しました。

ヒソヒソ話さえも響く(笑)

2C538ED3-8DBF-4079-A4DE-3A5478586054.jpg9EADCEC8-8F9A-41F2-BD1F-DAF2122F78FF.jpg



本日は一部の演目についてです。


1部は京言葉で楽しむ 与謝野晶子の詩

FAFC646C-9346-4909-8A87-DBD558F9095B.jpg



お箏の音色と声は、同時に奏でたとき
ぶつかり合わないで、重なる音だと思います。

そのバランスの良さが
与謝野晶子独特の、和歌や、詩の意味を
引き立てるのではないでしょうか?


情熱的な、みだれ髮

(みなさまに、和歌の意味や雰囲気がわかる工夫をしています^ ^)

それとは違う、さわかさを感じる詩

(言葉をじっくり身体に入れていただけるように)

そして、凛とした強さ、家族への愛を感じる詩

(与謝野晶子の代表作を凛とした京おんなが読みます)

視覚、聴覚はもちろん、

言葉から味覚が反応する方もいるでしょう

音から嗅覚が反応する方もらいるでしょう

読み手の持つ、美しさ京都の言葉にも酔いしれてください。

五感で感じていただける20分間。

お楽しみください!


当日は、初めて朗読に触れる
という方にふさわしい、聴き方ポイントのわかる
プログラムをご用意しています。


すでに朗読に携わっている、、という方は、
このプログラムを参考にして聴いていただくと
ご自身の朗読生活にプラスになる気付きを得てもらえるのではないか、そうあってほしいと願っています。

熱い夏、クールスポットでもある京都文化博物館

09D29F99-6E9A-4E84-869C-7D118EBBFD81.jpg

お若い方にも聴いてほしい日本の美しい言葉。

同じ時期に開催されている西尾維新展に来られた際、、別館ホールも覗きに来てください( ◠‿◠ )

527ECA06-E1DD-4B07-A51F-E98BFC2D79E0.jpg

最後に

572D8A24-664C-49C6-A3DD-E5366B8949DF.jpg

頼もしい出演者、スタッフと監督と先生と音響さん( ◠‿◠ )

次回は二部の、どんぐりと山猫リレー朗読について、お知らせしまーす^ ^
posted by 栞 at 09:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする