2023年02月03日

言葉が大切なのではない、それにどんな意味を持たすかが大切、が沁みた映画

明日は、朗読まつりの音楽の打ち合わせです。

お馴染みの三味線の三宅さん、古箏のMariさんに、今回は、濱野直子さんも、ご一緒していただけます。

バラエティに富んだ音楽。さまざまな世界観を表現していただくにあたり、、、

私も主催者として、心を養おうと、本日は映画「モリコーネ」を観てまいりました。

45D56BFC-72D6-442D-9289-F8BA66BACA13.jpg

偉大な作曲家、エンニオモリコーネの生涯と、その音楽を、これまで公開された数々の映画のワンシーンとともに映し出されます。

大きなスクリーンで観て、怖いくらい心が動きました。

音楽を生み出すまでの様々な苦悩や、映画監督との関わりなど、モリコーネ本人が語り、有名な監督や音楽家も語り、

それはそれは、スケールの大きなお話ばかりで紡がれた映画でございました。

音楽の力、すごい。

この音楽がなければこのシーンはない、、、この映画もない、今の自分たちもない、、

そのような意味の表現が何度も出てきました。

---------

「音楽が大切なのではない、その音楽にどんな意味を持たすのかが大切」

------

「ことばが大切なのではない、その言葉にどんな意味を持たすのかが大切」

このように受け取れるシーンもたくさんあったように思います。

映画の構成の影響か、観ている間、いろんなことが、頭の中で重なり合って、それがリフレインしているようなそんな感覚でした。

はぁ・・・・・・(悦)

明日は、打ち合わせよろしくお願いします^ ^


posted by 栞 at 22:52| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: