2016年01月16日

伝えることって難しい

身近な方が、
伝えることって難しい

と、おっしゃり、そのことについて語られました。


自分がいつもいつも
頭の中で思っている強い思いが

いざ、


アウトプットしてみると、、、



全然、、、とまではいかなくとも



違う!違う!
そうじゃない!



と思える表現になってしまい、


あとでうんと後悔する。


そんな状況になってしまったそうです。




それを聞いて


もちろん!そんなこと私はしょっちゅう。


でも、後悔しても
ひきずっても



なぜか何度も立ち直って

今まだ、一生懸命伝えようとしているのです。




じゃあ、どうやって立ち直ったか…?




それを考える機会になりました。



人の考えや思いは
時間とともに少しずつ変わります。


きっと、伝えようとしたそのときは
一生懸命だったと思います。


いい方を間違えてしまったのは
やはりもう仕方ないのです。


言葉は、包丁にもなる
一つ間違えれば凶器

これは、確か向田邦子さんの言葉だったと思いますが、

そう思うと本当に恐ろしいですね。



本当に凶器のような言葉を使ってしまうことはそうそうないとは思いますが



どうも言いようがまずかった、、、


とううことはありますよね。



…話を戻します。


きっと、そのときは一生懸命伝えようとしました。


その直後は無茶苦茶後悔しても


数日、数ヶ月、数年後


そのことを振り返ると、


やはり、そのときはそう表現するしかなかったのかも?と思えることもあるのです。



あとから、その時の自分の迷いや、間違いに気づかされ、



ああ、あのときはそうだった。

今ならこう言える。


成長したなぁ


って、思えるのです。


人の気持ちや思いは、少しずつ変わる
と、冒頭で申しましたが


それもあるけど


人の「思いの表現方法」は、時間とともにどんどん変わる

と言う方がいいかもですね。



前と同じ表現は出来ないかもしれない。


だから、そのとき後悔したとしても
もう二度とこの表現はできないのだから


それも、大切にしながら反省して
ステップアップしようと思えたら


立ち直れるのかな、、?と


思いました。




これは、「伝える」ことより難しいかもですね(笑)



言葉や言いようがまずくても


わかってほしいと思いながら伝えようとしましょう。


熱くなりすぎたり
支離滅裂になったり
逆に何にも言えなかったり



それも、やっぱり「そのときの自分」の表現です^ ^



恥ずかしい思いはみんな、多かれ少なかれありますもんね!!


うん、あるある(笑)



でもこんな私も時間とともに、マシにはなってると思います\(^o^)/


ステップアップ!ステップアップ!








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック