2019年08月12日

朗読で印象力をアップ!その2 実践!呼吸編

朗読で印象力をアップしましょう
実践 ! 呼吸編


0C575EA9-B2EF-419D-9EE0-40D80640EA12.jpeg

いつも、朗読の花クラスでも、虹クラスでも、スピーチクラスでも

最初の30分は、声をしっかり出すトレーニングをしています。


初体験で来られた方は、初回は「ついていけませんー!!(^▽^;)」とか

「へとへとです、、みなさんすごいですねー( ゚Д゚)」


とかおっしゃるのですが


だいたい3回で、すっかり慣れてくださいます^^





そしてだんだんと ご遠慮がなくなってきて・・・ 



(^◇^)







と、ここからは、想像にお任せいたします^^(笑)





さて、そんな発声練習ですが、なぜ、必要なのでしょう?



94CC4A44-93C8-47A7-BB2F-77937CE5A038.jpeg


↑伝わる話し方とか調べたり、本を読んだりすると
だいたいこのようなことが揃うと、伝わるようです。(たしかにそうですね)



ですがこれだけでは、思うように伝わらないということを

みなさんお察しかとは思いますが、今回はその話ではなく




声の大きさが適当である


ここに着目↑ 


(適当というのは、お相手により、人数により、場所により・・・適当適切な ということです^^)



そう・・・声を適当に出すための







発声練習です。







最初は、まず呼吸を整えるところからはじめます




では!ここで いつも教室でやっている呼吸トレーニングを、やってみましょう!!







体の力を抜いて、リラックスして座ってください



下半身に意識を集中して


上半身は、力を抜いて


下半身に上半身を、ポン  と 乗せているように



下半身は、その乗せられた上半身を 支えているような感覚になって・・・






息を吸ってー




吐いて―




ご自身のペースで、吸ったり吐いたりしてみましょう


(本来、吸ったり吐いたりしかできないのですが(笑)あ、止めることもできますね^^)







では続いて





吐く息に集中してみましょう





口から、一本の糸が出ているように

口をすぼめて、、、、ながーーーく吐いてください




息を 吐ききる ことが大切です




もうこれ以上吐けないーーーというところまで、吐ききってください






吐ききったら




一気に



体の力を抜いてみましょう






たーくさんの空気が、おなかに入ってきますね






え??? お・な・か・に?






はい!ほんとはおなかには、空気は入りませんね







胸のところの 肺で、呼吸しているんですよ。(あたりまえなのですが、いつも言ってますね(笑))





でも、肺は

ないものと思って(思えないか・・・・)







息は、胸と肺を、しずかに通過し






吸った息は お腹に 直結している気持ちになって







そして、その、あなたのお腹は





風船になっているような気持ちになって






息を吸ったら、その風船がぷーーーーっと膨らんで




膨らんで・・・



膨らんで・・・



パンパン!になったら







また、口から細―い糸を出し続けるようにして



ながーーく吐いていってください






吐いてるときは 頭の中で 数をかぞえましょう





いーち、にー、さーん、しー、ごー、ろく・・・








10、吐き続けられたらご立派!!





それが

慣れてくると




20、25・・・と増えて



30くらい吐き続けられるようになりますよ。



(ちなみに、御年85?才の方が、私の知っている方の中でいちばん、長ーく吐かれます。45秒くらい。ちなみに私は1分は越えます^^)


くれぐれも 無理はしなしように・・・^^


こうして横隔膜を鍛えることで、長い息や、声のロングトーンができるようになります





そして、朗読で必ず必要な、長い一文を、息継ぎ無しで

しっかりした声で読むことができるようになるんですよ







さあ!今度は声をだしてみましょう!





まずは、大きく息を吸いこんでから、口をすぼめたままで



声ならぬ声 「体から出てくる 音」を出してみましょう。







ヴーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(これ、気持ちいいですよーー!声帯もとても鍛えられますし^^
これも、長い方は50秒くらいされます。ちなみに私は1分は越えます^^(また自慢 笑)




おなか 下腹 丹田のところに意識を集中して・・ ヴーーーーーーーーーーーー






はい!






はぁーー このあたりで、もう、汗がじんわり・・・・・ですよね!(いつも朗読クラスに来てくださっている方ならわかりますよね!!!)







さあ!!今度は、大きな声をだしますよーーーーー!






のどを開いてーーー


ほら あくびをしたときに、のどが、開くように・・一度あくびしてみましょうか?


ふぁーーーあああああーーー






そうそう、そのまま   ああああああーーーーーーーーーーーーーーー






もっと!!






今の倍の声で あーーーーーーーーーーーーーーーーーー








さらに、倍!!! あーーーーーーーーーーーーーーーーー




さらに、倍!! あーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







はい^^お疲れさまでした!





と、このような(ほんとにいつもこのままです^^)ウォーミングアップをしております。


ここにたっぷり時間をかけることもあれば、さくっと済ませることもありますが

だいたい、うっすら汗ばむ感じです。



このあと、発声練習はまだまだ続き、





午前中のクラスのあとは、「あーおなかすいたーーー」ってなりますし


なんだか、夜がぐっすり眠れるーーーという声も聞きます


たしかに、すっきりしますもんね(^◇^)



”横隔膜を鍛えると寿命が延びる”ということも聞いたことありますし(^◇^)(どなたがおっしゃってたかわからなくてすみません)



腹式呼吸が自律神経を刺激して、副交感神経が優位になって、リラックスするというのは、よく知られていますし(^◇^)




とーーーっても、体にいいですね!(^◇^)(言い切りました!(笑))





みなさん、発声練習やりましょう♪

わたくし、毎回一緒にさせていただいているおかげで、毎日元気に過ごしています♪





では、今回は、この辺で^^




次回は

口を!表情筋を!口の中を!しっかり鍛える



滑舌のトレーニング編!



また、一緒にやってみてください^^