2019年04月24日

朗読まつり

おはなしの栞を2011年からはじめて
8年経ちました。

まだ8年、なのですがもう8年。


この8年の間 少しの間でも、ご一緒してくださりありがとうございます。

ずっとご一緒してくださっている方、ほんとうにありがとうございます。

皆様と、、、できるだけ多くの皆様と


素敵な朗読会をしたいな
と以前から思っておりまして

今年 令和の時代を迎える記念すべき年の6月22日に

朗読まつり  を開催することにいたしました。

EF87CBA6-C6A1-4FEC-A597-0BA66561C8EB.jpeg


声で時代をめぐる というテーマを持って

出演者を募り
(今までご一緒してくださった方で、ご連絡が取れるかたにご案内を差し上げて告知をいたしました。
メールが戻ってきたり、データ添付ができない環境の間柄の方にはお届けできなかったのです。申し訳ございません。
お会いする頻度が高い方に優先してお声をかけさせていただきました)


みなさまの有志をいただきましたおかげさまで
ご出演者も内容も整い、素敵なチラシもできました。(チラシ作成の今日子ちゃんありがとう♡)


場所は、京都文化博物館別館ホール

7B8364BA-9626-4620-8D6A-495862566C12.jpegD95985F2-5032-499D-AC13-7884D5ED93A3.jpegEFC85DCE-B848-4C6D-8A11-0FD021DCB011.jpeg

この、趣きのある建物内での朗読会が好きです。
声の響きもよくて、この雰囲気に包まれたら
朗読作品のその時代へタイムワープしそう、、、

まさに非現実的な貴重な時間と体験が得られるんです。

この場所で

各時代を彩った、名文 美文を 朗読愛好者の皆様で読み巡っていただきます。

7BD58EB2-2EDC-47AA-8680-E087EA727A45.jpeg

万葉集、枕草子、方丈記・・・ 古典から近代文学 の【朗読】はもちろん

各時代や作者の エピソードなどをストーリーテラーのように【語り】で表現してくださる方

その時代背景を思わせる音楽を【楽器の演奏】で表現してくださる方
もいらっしゃいます。

また、随所にわたり【プロの音楽家】(こちらのみなさまも、はじめの頃からお付き合いをいただいているみなさま、、、友情出演として来てくださる方もいらっしゃいます 感謝)が、音楽演出をしてくださいます。


そして、たくさんの方で読み繋いでいただきます【外郎売の科白】は 当日受付で、出演者を募ります!(初めての取り組みなので、段取りがドタバタ劇場になるかたと思いますがどなたでも!やる気のおありの方^^ご参加してくださいね!)


と、おまつり感が満載になりそうなので

早々に朗読まつり  と命名いたしました。


"老若男女問わず、楽しい時間を提供するための" 朗読サロン・発声教室

"活き活きと 自分らしく輝いて 元気に 過ごすための"朗読サロン・発声教室


おはなしの栞  を、はじめたときに決めたコンセプト、やっぱり今も変わりません
(あら、えらそうに、、、てへへ)


 その思いのもと企画しました朗読まつり でございます!(*≧∀≦*)


みなさま、楽しいおまつりにいたしましょうね!( ◠‿◠ )

私も読み手聴き手としても楽しみながら努めます!




同日夜はコチラもお楽しみに
コチラについてはまた、、、
03650172-D081-4563-82F6-2A50197FB5FF.jpeg



posted by 栞 at 23:52| Comment(0) | おはなしの栞 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする