2018年07月29日

どんぐりと山猫 リレー朗読ワークショップ 1回目終了!

8月26日のイベント 言ノ葉の木
2F0DE03C-3D9F-4BEF-BBCC-C87FB00910CD.jpg


おはなしの栞 しろうさぎの風朗読教室 朗読と音楽の調べ*七條の共催で企て

それぞれ役割分担がありながらも心は一つ 

自分の持ち場以外のことが実は楽しみでもあります。

公演二時間の構成は

↓↓↓
1部 与謝野晶子の世界

2部 宮沢賢治の世界
3部 太宰治の世界


↓↓↓
1部 京ことばで楽しむ

2部 いろんな声の色で楽しむ
3部 音楽で影響されることを楽しむ

という感じでお聴きください^^
昼の部のチケットの売れ行きも好調です^^(夜はぼちぼち^^)



さて!!
今日は 2部の
どんぐりと山猫のリレー朗読について。

9F3E06EF-94A9-4C4C-9B82-E94FFDD7051F.jpeg



先日行いましたリレー朗読ワークショップ、お暑い中たくさんお越しくださいまして
本当にありがとうございました。

15名の方が参加してくださいました。(そのうち、小学1年生がおふたり、5年生がおひとり、親子共演も!)

1、まずはみんなで発声練習
(初対面の方もおいでになりました、まずはみんなで声をひとつに^^リラックス〜)

2、そのあと、ひとまずリレー朗読をやってみて
(とりあえずやってみよう!!という感じで。とまどいながらも・・・みなさん真摯にことば・朗読に向き合ってくださってる
ことが、この時点で、ビンビン伝わってきて興奮!)

3、2つのグループに分かれてワークショップ
(おうみのしろうさぎ先生担当 と つじの担当 に分かれていただきました。
ワークショップでは、ご自身のパートの場面を想像したり、いろんな読み方があることを
知っていただいたり、また、紙芝居であらすじを確認したり^^
みなさんの、受け持ちパートの言葉たちが、どんどん立体化していくのを感じました!)

4、そして仕上げにまたリレー朗読!
(みなさん、ググッと!!読みに力強さが増して、楽しんで声を出していらっしゃり、また興奮!!!)

13時〜16時 初めてなのでどのような形になるかと思っていたのですが、みなさんのおかげさまで、
とっても有意義な時間となりました。ありがとうございました!!


5、みなさん!!!上手! 私共も一緒にリレー朗読練習参加できたのも、実はめちゃくちゃ楽しかったです!


このような1日でした。


次回は8月4日 13時〜16時 この間の時間にいつ来ていただいてもいいですよーとお伝えしていましたが
先日の盛り上がり具合を思うと、13時〜来ていただくほうが良いかもしれません。(とはいえ、ご都合に合わせてくださいね)

場所は京都テルサ東館2階 ワーキングルームです。

水分と塩分、糖分をチャージできる、ささやかなお菓子をご用意してお待ちしています!
お暑い中でございますが、お気を付けてお越しくださいませ^^

951A61B2-2B47-4707-8B0B-C52315C50C20.jpeg

posted by 栞 at 12:03| Comment(0) | おはなしの栞 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

京都文化博物館の響きとの融合

す来たる8月26日は

2F0DE03C-3D9F-4BEF-BBCC-C87FB00910CD.jpg

こちらのイベント!

まだまだチケットございます。

三部構成の朗読と音楽の調べ

場所は、京都文化博物館

先日マイクチェックなど打ち合わせに行きました

改めて、音の響きがよい建物だと体感しました。

ヒソヒソ話さえも響く(笑)

2C538ED3-8DBF-4079-A4DE-3A5478586054.jpg9EADCEC8-8F9A-41F2-BD1F-DAF2122F78FF.jpg



本日は一部の演目についてです。


1部は京言葉で楽しむ 与謝野晶子の詩

FAFC646C-9346-4909-8A87-DBD558F9095B.jpg



お箏の音色と声は、同時に奏でたとき
ぶつかり合わないで、重なる音だと思います。

そのバランスの良さが
与謝野晶子独特の、和歌や、詩の意味を
引き立てるのではないでしょうか?


情熱的な、みだれ髮

(みなさまに、和歌の意味や雰囲気がわかる工夫をしています^ ^)

それとは違う、さわかさを感じる詩

(言葉をじっくり身体に入れていただけるように)

そして、凛とした強さ、家族への愛を感じる詩

(与謝野晶子の代表作を凛とした京おんなが読みます)

視覚、聴覚はもちろん、

言葉から味覚が反応する方もいるでしょう

音から嗅覚が反応する方もらいるでしょう

読み手の持つ、美しさ京都の言葉にも酔いしれてください。

五感で感じていただける20分間。

お楽しみください!


当日は、初めて朗読に触れる
という方にふさわしい、聴き方ポイントのわかる
プログラムをご用意しています。


すでに朗読に携わっている、、という方は、
このプログラムを参考にして聴いていただくと
ご自身の朗読生活にプラスになる気付きを得てもらえるのではないか、そうあってほしいと願っています。

熱い夏、クールスポットでもある京都文化博物館

09D29F99-6E9A-4E84-869C-7D118EBBFD81.jpg

お若い方にも聴いてほしい日本の美しい言葉。

同じ時期に開催されている西尾維新展に来られた際、、別館ホールも覗きに来てください( ◠‿◠ )

527ECA06-E1DD-4B07-A51F-E98BFC2D79E0.jpg

最後に

572D8A24-664C-49C6-A3DD-E5366B8949DF.jpg

頼もしい出演者、スタッフと監督と先生と音響さん( ◠‿◠ )

次回は二部の、どんぐりと山猫リレー朗読について、お知らせしまーす^ ^
posted by 栞 at 09:59| Comment(0) | おはなしの栞 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

みなさん、いったい何者ですか?

おはなしの栞 朗読教室
えらそうに教室と謳っておりますが、
この教室は誰が先生なのかわからないのが

現実、、。


特に

「いつでも誰でも 好きな時に!初めての方や体験の方向け!花クラス」

というクラスが当方にございまして

これが大人気なのでございます。

なぜ大人気なのかと言いますと、

「みなさんの朗読を聞かせていただくために来ました!」

という方も多く、そう、このクラスはもはやみなさんの発表会。

いつも違うメンバーで、内容はその日のお楽しみ!だった花クラスが
いつしか、みなさん大切な読み物を胸に抱いてお越しくださるようになり、

お一人わずかな時間ですが、魂をこめて朗読をしてくださるようになり


そして、皆さまの生きてこられたなかで培われた引き出しの中身を、声に変えて、

はじめは小出しだったのが、徐々に堂々と。

次第に、しっかり心の中を整理整頓されて、その日、その作品、今日の自分に合った、「ネタ」を披露してくださる方もいて


「ほおおーーー」「へーーーー」

という感嘆のお声が飛び交う
なんとも知的な空間となっています。


私は、そんなみなさんに、実は、教養は全然ついていけないのですが、


必死で、みなさんの読みが向上するような小ネタを挟み込むようにはしています。

それと、大切な役割として、みなさんの発声練習を時間の無駄なく進行することも、これまた必死。


一生懸命な進行が一段落し、みなさんの朗読を聴いてほっこりしたとき


いつも疑問がわいてくるのです。



い、、、い、、、いったい、、、

みなさん、何者ですか!?


ということです。


ここでは、老若男女みんな仲良くしてくださり、
私もフランクにお付き合いさせていただいていますが


聞くところによると、、、


もと校長先生だの、作家のようなお仕事をされていただの、
朗読は初心者です!なんておっしゃているのに、歌の先生やピアノの先生だったり、良いお人柄だけでなくキャリアも感じる方も多ければ

生き方そのものが、優しくてご立派であったり

85歳でいらっしゃったり



私は、、、


突然恥ずかしくなることしばしば
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*




そんな花クラス、読み物を深読みするだけでなく

朗読者の背景も深読みしたくなる面白い場です。


けれど、つまるところは



みーーーんな良いお人です。


毎回心洗われる  朗読教室花クラス

初めての方は、すごい場に足を踏み入れてしまった!なんておっしゃる方もいらっしゃいますが、

必ず、楽しかった!と言って、また来てくださいます。

大丈夫です!!こんな私が進行しておりますので

安心して楽しめますよ^^(来てみたら、多分わかります 笑)

なにぶん行き届かないところもあるのでしょうが、みなさんのカバーにより、継続順調(笑)でございます。


花クラス、10月まで予定が出ておりますので、

いつでもご参加ください!

前日まで(慣れてこられると当日 笑)受付しております。

メールでも、お電話でも、ショートメールでもなんでも
つながれば大丈夫です!

お待ちしていまーす☆







posted by 栞 at 22:54| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする