2019年08月12日

朗読で印象力をアップ!その2 実践!呼吸編

朗読で印象力をアップしましょう
実践 ! 呼吸編


0C575EA9-B2EF-419D-9EE0-40D80640EA12.jpeg

いつも、朗読の花クラスでも、虹クラスでも、スピーチクラスでも

最初の30分は、声をしっかり出すトレーニングをしています。


初体験で来られた方は、初回は「ついていけませんー!!(^▽^;)」とか

「へとへとです、、みなさんすごいですねー( ゚Д゚)」


とかおっしゃるのですが


だいたい3回で、すっかり慣れてくださいます^^





そしてだんだんと ご遠慮がなくなってきて・・・ 



(^◇^)







と、ここからは、想像にお任せいたします^^(笑)





さて、そんな発声練習ですが、なぜ、必要なのでしょう?



94CC4A44-93C8-47A7-BB2F-77937CE5A038.jpeg


↑伝わる話し方とか調べたり、本を読んだりすると
だいたいこのようなことが揃うと、伝わるようです。(たしかにそうですね)



ですがこれだけでは、思うように伝わらないということを

みなさんお察しかとは思いますが、今回はその話ではなく




声の大きさが適当である


ここに着目↑ 


(適当というのは、お相手により、人数により、場所により・・・適当適切な ということです^^)



そう・・・声を適当に出すための







発声練習です。







最初は、まず呼吸を整えるところからはじめます




では!ここで いつも教室でやっている呼吸トレーニングを、やってみましょう!!







体の力を抜いて、リラックスして座ってください



下半身に意識を集中して


上半身は、力を抜いて


下半身に上半身を、ポン  と 乗せているように



下半身は、その乗せられた上半身を 支えているような感覚になって・・・






息を吸ってー




吐いて―




ご自身のペースで、吸ったり吐いたりしてみましょう


(本来、吸ったり吐いたりしかできないのですが(笑)あ、止めることもできますね^^)







では続いて





吐く息に集中してみましょう





口から、一本の糸が出ているように

口をすぼめて、、、、ながーーーく吐いてください




息を 吐ききる ことが大切です




もうこれ以上吐けないーーーというところまで、吐ききってください






吐ききったら




一気に



体の力を抜いてみましょう






たーくさんの空気が、おなかに入ってきますね






え??? お・な・か・に?






はい!ほんとはおなかには、空気は入りませんね







胸のところの 肺で、呼吸しているんですよ。(あたりまえなのですが、いつも言ってますね(笑))





でも、肺は

ないものと思って(思えないか・・・・)







息は、胸と肺を、しずかに通過し






吸った息は お腹に 直結している気持ちになって







そして、その、あなたのお腹は





風船になっているような気持ちになって






息を吸ったら、その風船がぷーーーーっと膨らんで




膨らんで・・・



膨らんで・・・



パンパン!になったら







また、口から細―い糸を出し続けるようにして



ながーーく吐いていってください






吐いてるときは 頭の中で 数をかぞえましょう





いーち、にー、さーん、しー、ごー、ろく・・・








10、吐き続けられたらご立派!!





それが

慣れてくると




20、25・・・と増えて



30くらい吐き続けられるようになりますよ。



(ちなみに、御年85?才の方が、私の知っている方の中でいちばん、長ーく吐かれます。45秒くらい。ちなみに私は1分は越えます^^)


くれぐれも 無理はしなしように・・・^^


こうして横隔膜を鍛えることで、長い息や、声のロングトーンができるようになります





そして、朗読で必ず必要な、長い一文を、息継ぎ無しで

しっかりした声で読むことができるようになるんですよ







さあ!今度は声をだしてみましょう!





まずは、大きく息を吸いこんでから、口をすぼめたままで



声ならぬ声 「体から出てくる 音」を出してみましょう。







ヴーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(これ、気持ちいいですよーー!声帯もとても鍛えられますし^^
これも、長い方は50秒くらいされます。ちなみに私は1分は越えます^^(また自慢 笑)




おなか 下腹 丹田のところに意識を集中して・・ ヴーーーーーーーーーーーー






はい!






はぁーー このあたりで、もう、汗がじんわり・・・・・ですよね!(いつも朗読クラスに来てくださっている方ならわかりますよね!!!)







さあ!!今度は、大きな声をだしますよーーーーー!






のどを開いてーーー


ほら あくびをしたときに、のどが、開くように・・一度あくびしてみましょうか?


ふぁーーーあああああーーー






そうそう、そのまま   ああああああーーーーーーーーーーーーーーー






もっと!!






今の倍の声で あーーーーーーーーーーーーーーーーーー








さらに、倍!!! あーーーーーーーーーーーーーーーーー




さらに、倍!! あーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







はい^^お疲れさまでした!





と、このような(ほんとにいつもこのままです^^)ウォーミングアップをしております。


ここにたっぷり時間をかけることもあれば、さくっと済ませることもありますが

だいたい、うっすら汗ばむ感じです。



このあと、発声練習はまだまだ続き、





午前中のクラスのあとは、「あーおなかすいたーーー」ってなりますし


なんだか、夜がぐっすり眠れるーーーという声も聞きます


たしかに、すっきりしますもんね(^◇^)



”横隔膜を鍛えると寿命が延びる”ということも聞いたことありますし(^◇^)(どなたがおっしゃってたかわからなくてすみません)



腹式呼吸が自律神経を刺激して、副交感神経が優位になって、リラックスするというのは、よく知られていますし(^◇^)




とーーーっても、体にいいですね!(^◇^)(言い切りました!(笑))





みなさん、発声練習やりましょう♪

わたくし、毎回一緒にさせていただいているおかげで、毎日元気に過ごしています♪





では、今回は、この辺で^^




次回は

口を!表情筋を!口の中を!しっかり鍛える



滑舌のトレーニング編!



また、一緒にやってみてください^^

2019年08月10日

今年も行ってきました!学校図書館イベント^ ^

今年は
夏休みの第一日目

ウキウキワクワクの気持ちいっぱいの児童たち
とともに


小学校図書館イベントを楽しみました!


86833A4B-997B-4769-9C99-80383371D7EC.jpg


図書館ボランティアさんの読み聞かせ

と、先生方の読み聞かせ。

迫力と面白さ満点で、子供達も目をキラキラさせておはなしを楽しんでいました。



私は、外郎売のリレー朗読を担当しました!

子供達、一生懸命にやってくれました。ほんとうにありがとう!





そして。5年間。毎度同行してくださっているのが三味線の三宅さん。


ペットボトル三味線の演奏を伝授!


きらきら星をみんなで弾きました。


その時の写真がなくて、、、、


三宅さん、ごめんなさい!



最後に、こっそり撮ったグリーンマスクマンのツーショットはあります 笑


(グリーンマスクマンは、特別ゲストとしてイベント内に登場!子供達喜んで?ました!!)


D78C28ED-38FC-46CF-9F1D-DDC91378D20A.jpg


子供達と同じくノリノリの

先生でした笑


今年もありがとうございました!

posted by 栞 at 20:49| Comment(0) | おはなしの栞 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

朗読で印象力をアップしましょう その1

朗読で身につけたい!笑顔と明るい声


当朗読サロンには、様々な目的を持ってみなさんお越しくださいますが

つまるところは

朗読が大好きな人 が集う場所にはなるのですが・・・



実は、私、そもそも




朗読を通じて、話し方が変わったり、

自信ということの意味がわかったり

立ち居振る舞いが大切だということを再確認したり

人前で堂々とすることに慣れたり





したものですから、




やはり

その入り口から入ってみたいなという方は

大歓迎なのです。




(そういう方も、朗読好きになられるのですが、、、いずれは 私のように笑)





ということで!





朗読で身につける!印象力アップ プチ講座 をお届けします!!


0C575EA9-B2EF-419D-9EE0-40D80640EA12.jpeg



お仕事のお相手、異業種交流会、各イベント、お見合い、などなど

どんな場面でも、初対面では緊張してしまいますね。



初対面でなくても、人が集まる場所で挨拶するのはドキドキ、

それに加えて いきなり




なにー?自己紹介をしろ、だとぉ・・聞いてないよー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)、なんて場面もあったり。



そんな時のために、日頃から
顔の筋肉を鍛えたり、声帯を鍛えて 第一声を明るく出るようにしたり
口角を上げながら話せるように

トレーニングをするのがおススメ!(ひとりででもいいのですが、朗読教室など人の目があるところは、免疫ができていいですよ 笑)




それが、発声練習ですよ!!


(花クラスなどにお馴染みのみなさんは、いつもやってますよねー、毎回、30分。最初はくたくたになりますが
いつのまにか、物足りなくなりますよねー)






では、みなさん、ここで

ちょっとイメージしてみてください








今日は、仕事関係の交流会



最初に、司会の方が挨拶され、


え?いきなり?1人ずつ1分の・・・自己紹介!?





キ、キターーーーーー!!





「わたくし、朗読教室をやっております、つじあけみです。
もともと声にコンプレックスがあり、人前で話すことも苦手だったのですが
発声練習をしたこにより、克服でき、今では、それを仕事にしています。
発声練習というと、劇団の方やアナウンサーなど声のプロの方がされるもの、と思っていらっしゃる
方が多いですが、そんなことはありません。普段、声を出すことが少ないから、、とか、
年とともに声が出にくくなった、、という方にこそやっていただきたいと思っています。
どなたでも気軽に参加してください。
現在は、京都を中心に活動しています。そのほか、幸せなコミュニティ作りの場の提供、
世代を超えた出会いが楽しい、朗読イベント。パートナーとの出会い、縁結びイベントなども
開催しています。どうぞよろしくお願いいたします!」  


と、だいたいこのくらい喋ると、私の話し方だと1分です。



結構 1分長いですよね。




ビジネスの場でしたら、みなさん、言いたいこといっぱーい!という方が多いので
たくさん話される方もいらっしゃいますね。(すごいですよね)





さて、ここからが本題!!




こーんなに、いっぱい喋ったのに!



なんとか1分でおさまるように、練習に練習を重ねた  1分自己紹介バージョンなのに!








みなさん







全然聞いてないでしょーーーーー!!!(*゚▽゚*)











はい!こちら!↓     ジャーン!!!




8D5CC04A-B464-4968-B6EE-16CFF3313C78.jpeg






お馴染みの、メラビアンの法則でございます。







第一印象として、心に残っているのはどこ?


というところの割合を、%で表してあります。






そうなんでうすよ、一生懸命にお話しした内容は、実は聞いてくださった方の心には
7%しか、刻まれてなくて






それよりも





「つじさん?ああ、ああ、あの、、、背の高めの、白いスーツ着てた人ね、

えーと、たしか朗読教室してるとか、、

ちょっと、元気、、というか、、、天然というか、、面白そうな感じの人ねー  

確かに、さすが、声が大きかったよね。」(←いやいや初対面で、ここまで正直な方はいらっしゃらないでしょう が 笑)





という印象が、大半 ってことですね。






だって、見た目 55%ですもの




そして!!   



38%が!!





声!!(←おめでとーーーう!って   そりゃおはなしの栞さんにとっては、、)





なんですよ。






「声に掘れた」ってことも良くありますものね。




(ちなみに、、女子が、男子の「あの人の声、いいよねー」と言ったならば、かなりの確率で、もうその人に惚れている  のだそうです♡  ホントかな)




そうそう、声だけではありませんよ。




話し方のトーンなんかも含まれています。




「元気なかんじ」とか「明るい人」とか「ファンキーな感じ」とか「やさしそう」とか


そういう雰囲気を、相手は声から感じ取っているんですよね。




ということは、、、、




話の内容の組み立ても、大事なのですが、
それがたとえできていなくても、





いつもの、あなたが振りまいている笑顔と

あなたらしい、温かみのある声と

そして、優しさや、信頼感が溢れる立ち居振る舞いが、




ちゃんと発揮できれば!


第一印象クリアなんです!


よ!!( ・∇・)





それの全てに


必ず大事なのは


あなたらしさ


です!



そして、


違和感のなさ(なんか違う、、、、着ているものと言ってることが、アンバランス、、、とか)


です!





あなたらしさなんか、、、自分が嫌いなんだから、そんなのいらね、自分らしさなんかいらねーべ!!


そんなこと言わないで^^




嫌なら、変えちゃいましょう^^





発揮するのにも、変えちゃうにも、


とりあえず発声練習!



やってみましょう^^


次回は その2  実践編です^^